©The Estate of Jeanloup Sieff/G.I.P.Tokyo

ソニア ノルマンディー 1981年


遠く水平線に続く平坦な一本道、父の前で、幼子のあどけないお尻がリズムをとる。足取りも軽くピョコンピョコン。家族のありふれた幸せのショット。シーフ一家はノルマンディーで週末を過ごし父の傑作もこの地に多い。カメラを構える写真家は実は子供の手前中央ではなく左側にいる。広角レンズの特性を巧みに駆使した作品。70年代にドイツ人でチャーミングなモデル、バルバラと生活を始めた。二人の子供ソニアとサッシャは、父の死(2000年)後アーティストとして歩み出し、母バルバラはシーフの影で目立とうとはしなかったが、優れた写真家でもあった。幼いソニアが、今は、父も青春時代に仕事をした『エル』や『ハーパース・バザー』で活動し注目写真家となり、最近は大人のストーリーが展開するCMも撮るスーパー・レディに成長。弟のサッシャは音楽プロデユーサーとしてガンガン活躍している。シーフ家はアーチィスト一家である

写真解説 倉持和江(ジー・アイ・ピー)


SANKEI EXPRESS 3月28日〜4月3日連載の抜粋転載



TOPへ戻る